わんちゃん猫ちゃんの「歯磨き」してますか?

愛する大切な家族。いつまでも健康で長生きしてほしい。
そう思わない飼い主さんはいないですよね^^

人も動物も、健康で長生きするためには、
『オーラルケア(=お口の中をきれいで清潔にしておくこと)』がとっても重要なんです。

口腔内のph
人→6.8~7.0(弱酸性)
猫→7.5~8.5(アルカリ性)
犬→8.0~9.0(アルカリ性)

口腔内のphは人が6.8~7.0と弱酸性であることに対し、猫は7.5~8.5、犬は8.0~9.0とアルカリ性です。
アルカリ性であればあるほど、歯垢が歯石になってしまうスピードが速くなってしまいます。

「歯垢」「歯石」の違いってなに?
なんとなくわかるようなわからないような笑。という方は多いかもしれません。

「歯垢」とは・・・
歯の表面に着いたネバネバしたもの、あれです。
この時点では私たち飼い主が歯ブラシで取り除いてあげることができます!

「歯石」とは・・・
歯磨きをしなかったことでネバネバした歯垢が硬くなってしまったものです。
phが高い犬に関していうと、2~3日であっという間に歯石になってしまうんです。
歯石になってしまったら、、、残念ながら私たち飼い主はもう取り除いてあげることません。硬くなってしまった歯石は歯ブラシでは取れないからです。
獣医さんにお願いして麻酔をかけて機械でスケーリング(削り取る)&ポリッシング(磨く)してもらわないと綺麗になりません。無麻酔で歯石取りをしてもらえる所もありますが、動物にとっては少なからずストレスになります。また、状態によっては歯石が悪さをして歯周病に進行してしまう可能性もあります。

だから、
だからそうなる前に、
私たち飼い主がお口の中をふだんからきれいにしておいてあげることがとっても大切なんです。

皆さん、大切な家族のオーラルケア。見つめ直してみませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP